悪役の動機をできるだけ漏れなく類型化してみる

悪役はそれ自身でも魅力的だ。しかし、悪役の本懐は、ヒーローを輝かせることである。

悪役なきヒーローは、ただの委員長タイプである。

 

ふと思ったのだが、一昔前まで悪役といえば「世界征服」だった。しかし、いま世界征服を目指す悪役がいたらけっこうポカンとする。

現代では悪役はどんな動機で悪事をしているのだろう。挙げてみる。

 

①私利私欲

古き良き悪役。おカネ、権力、宝物などを得るために悪事を働くタイプである。上述の「世界征服」などもこれに含まれる。

自分の利益のために、他人を陥れたり利用したりしているとなおよい。保身のパターンもある。

なんといっても、わかりやすいことがメリットである。

善悪二元論は、子どもや、なんというかその、「考えるのがあまり得意でない層」にも刺さりやすい。私利私欲にまみれた悪人は現実世界にもいて、イメージしやすい。

主人公側が絶対的に善になるため感情移入しやすいのもポイント。ポケモンでいうと、1・2世代のロケット団水戸黄門など、古典的なドラマはもっぱらこれ。

 

②ゆがんだ愛情・責任感

誰か・何かを守りたい、という感情がヘンにこじれて、巨悪を生み出してしまうパターン。

事件後、悪役の名誉回復が行われることも多い。

ポケモンでいうと、7世代のルザミーネ

 

③主義主張

こんな世界を作りたい、こんなことは許せない、といった動機で行われる悪事。

主張の違いを理解しないとストーリーが入ってこないため、ややオトナ向け。

ポケモンでいうと、5世代のプラズマ団など。メジャーどころでは、ヴォルデモートやグリンデルバルド(私利私欲や恨みも該当する)。

 

④恨み・復讐

主人公側にも意外と多い動機。敵の動機にする場合は、復讐の内容が逆恨み的なモノでないと、視聴者の共感は得にくそう。

呪術廻戦なんかは、呪術と言うだけあってこのタイプが多い印象。

なおバンクシーによれば、復讐は「四大欲求」のひとつである。気持ちいいから、あるいは必要だからするのだ、ということか。これはけっこう的を射ているように思う。

 

⑤狂気・狂信

常人には理解しがたい妄想や信仰などによって悪が生み出されるパターン。

快感のために人殺しをするシリアルキラーや、「ミッドサマー」の村人など。

 

⑥好奇心

ただ単に何が起こるか見てみたい、というような、無邪気なイタズラの延長のノリで悪になるパターン。ユニークな悪役になるが、観客はノリづらいかも。

バットマン」シリーズのジョーカーなど。

 

⑦生存

生存のための行動が悪とみなされるパターン。強大すぎる力を持っているなど、存在自体が危険とされるものが多い。

これは悪役側もかわいそうになるし説明がめんどいので、創作ではあまり使われない印象である。が、現実世界では意外と多い。

 

こんなもんか。他にあれば教えてください。

日本人がすぐ移住できる国 / 地域をまとめてみる

このブログを更新するのがもう半年以上ぶりになるが、いろいろ調べていてまとめてみたくなったので書いてみる。

 

いろんな理由で海外移住したいと思う人は多いかもしれない。しかし、調べてみるとビザの壁にぶち当たる。

特殊な技能を買われて企業がスポンサーになってくれたり、向こうの人と結婚していたりしない限り、外国では就労できないのが普通なのである。

 

ここでは、そういった特別な技術や運がなくても移住できる国をまとめてみる。

 

パラグアイ

1) 紹介

南米の内陸国

日本は明治時代から戦後まで、南米に多くの移民を送り出していた。

この移民は、日本政府と移住先政府の協定により、人数を決めて行われてきた*1

 

パラグアイも日本と移民協定を結んだ国のひとつだ。

しかし、移住先として人気がなかったせいか、移住者の数が枠に満たず、なんと今でも移民協定が有効らしい。*2

 

2) メリット

・ほぼ無条件、安価に永住権を取得できる。

・メルコスールの枠組みにより、パラグアイの市民権を取ればブラジルやアルゼンチンにも移住できそう(確証がないので興味があれば調べてください)。

 

3) デメリット

・日本から遠いしよく知らない。当然直行便もない。パラグアイウルグアイ??

・基本的に貧しい国である。

・移民なので、日本国籍は放棄する必要があるかも。

 

アメリカ合衆国

1) 紹介

アメリカは、ほかの先進国と同じくかなり厳しい移民政策をとっている。一方で、いくつかの都市が「聖域都市」を名乗っている。

聖域都市は、警察が外国人の在留ステータスを調べないことを決めている都市だ。

 

つまり、これらの都市では、不法移民が捕まって追放されるリスクが低い。

州や都市の力が強いアメリカならではの現象である。

 

とはいえ違法には違いないので、就労で不利になったり、公共サービスが受けられなかったりする可能性は十分ある。

不法滞在がバレて強制送還や、最悪の場合収監といった可能性もなくはない。

 

なお、抽選でビザが当たるという変わったシステムがアメリカにはあるが、確率が低いためここでは省略する。

 

2) メリット

アメリカに住める。

・英語が通じる。

 

3) デメリット

・違法であり、リスクも大きい。

 

スヴァールバル諸島

1) 紹介

どこ?という感じだが、北極圏にあるノルウェー領の島である。

スヴァールバル条約という国際条約に加盟している国の国籍を持っていれば、スヴァールバル諸島に自由に住み、働いていいことになっている。日本もこれに加盟している。

日本人が正真正銘のビザなしで住める、唯一と言っていい場所である。

 

ただし、スヴァールバル諸島は人が定住する最北端といわれ、非常に高緯度である*3

そのため非常に寒く、夏は白夜、冬は極夜(日が昇らない)が続く。体長を崩したり精神状態が悪化する人もいるとのこと。

こういった環境のため、九州くらいの面積がありながら人口は3,000人にも満たない。仕事も少なく、新たにビジネスを立ち上げるのも難しそうである。

 

なおノルウェー本土に住むには、また別の条件が必要である。

 

2) メリット

・本当にビザなしで住めるし、就労できる(理論上は)。

雄大な自然環境。運が良いとオーロラやシロクマも見られるらしい。

 

3) デメリット

・環境が厳しすぎる。

・人が少なく、仕事に就けそうにない。

 

④オランダ

1) 紹介

1896年に締結された「日蘭通商航海条約」がいまだに有効なため*4日本国籍の人はオランダで個人事業主として働くことができる。

起業資金があることを証明する必要があるが、数十万円でいいとのこと。

通常の就労には別のビザが必要。

 

2) メリット

・ヨーロッパの先進国で、住みやすく、直行便もある。

・英語がかなり通じる。

EUのほかの国にも自由に移動できる。

 

3) デメリット

・起業が実質必須。アイデアやスキルがある程度必要。

・無条件で移住できるわけではなく、手続きには手間がかかる。

*1:日系ブラジル人などは100万人くらいいるといわれる。

*2:ただ、ネットで調べたところ、2012年現在有効という情報しか出てこなかった。なにせ古い協定なので、詳しく調べるには大使館に電凸したほうが早そう。

*3:最大の町が北緯79度くらいある

*4:戦後忘れられていたが2008年に裁判で効力が確認されたらしい

「心の中の毒」について

この記事で書く内容は深夜テンションの自分語りだし、しかも単なる思索なので退屈な人はすごい退屈だと思う。けど書く。

 

おそらく僕と何度か会ったくらいの人は、僕を穏やかで理性的な人間だと思うと思う。確かに僕は普段めったに怒りをあらわにしたりすることはない。

しかし僕は内面ではいつも何かに怒ったり悲しんだり、毒づいたり責任をなすりつけたりしている。いつも猛毒を心にたぎらせる、感情的な人間なのである。

 

もちろん僕の内面にある毒が人より強いものかは、ほかの人の心を覗き込むことができない以上、わからない。しかし僕は、そうであるという確信をもっている。

 

僕はときどきぽろっと言った言葉で人をバッサリ傷つけてしまう。心に浮かぶのが、批判や非難や侮蔑の言葉ばかりで抑えつけるのに苦労する、ということもある。加えて言えば僕は「みんながなんとなく善であると信じているもの」が大嫌いである。

 

つまり僕は、心の中にわいてくる声を抑えつけることによって、はじめて社会的でありうる。僕が「ありのままの自分」とかいう言葉を信じないのもこの辺が大きな理由の一つかもしれない。

まあ、そんなことは誰にもあって、相手に与える害に釣り合わないほどの罪悪感を僕が持ってしまってるだけかもしれない。とはいえ、これは主観的にはあまり差がない。

 

実を言うと、人のためを思って自分の内面の毒を隠しているのを、ある種の美徳と思わないでもない。毒をまき散らしている人よりはだいぶマシと言っていいだろう。

しかし、内面に強い毒を抱えてない人は、そんな我慢をする必要自体がないわけで、つまりこの「美徳」はそもそも不要である。

僕がやってるのは、単にマイナスをゼロにすることにすぎない。そうすると、美徳とは?という感じになってくる。

 

侵入思考的に次から次へと湧き出してくる毒を発散する場所がないとなると、当然それは心の中に溜め込まれることになる。それで自家中毒になり、苦しくなるばかりである。こんなことで苦しんでいても何の生産性もないし、こんなことで苦しむから僕はクズなのである。

結局、自分を許すことができない限り、他人を許すこともできない、逆も真なり、という単純な話かもしれない。

図形の夢の後遺症

小6のときだったと思うけど、奇妙な夢を見たことがあった。

受験勉強で疲れたせいか、立体図形がたくさん出てくる夢を見た。その図形はグラフのように並んでいて、自分はそれをいろんな視点を切り替えながら見ている。図形が大きくなったり小さくなったりして、目が回ってしまうのだ。

 

そして、その夢のいちばん奇妙なところは、それ以降その夢で味わった感覚を、現実でも味わうようになったことだ。

 

その感覚は、眠いとき、暑いとき、疲れたとき、要するに少しコンディションが落ちたときに現れる。それから、巨大な図形そのもの(高層ビルやクレーンなど)を見上げたときにも起きる。

自分が立体図形の中に入って、その図形が大きくなったり小さくなったりするような感覚だ。エレベーターの中のようなフワッ、ヒュッとするような感じや、クラクラする感じもある。

不思議の国のアリス症候群」に近い気もするけど、視覚ではなく、あくまでフワッという感覚があるだけなので、違う気もする。

 

その夢を見てからもう10年以上経つのに、不思議なものだ。それだけです。

テロリストを羨ましく思うときがある

テロリストはたしかに卑怯者だ。恐怖を使って自分の考えを通そうとする。そのために、罪のない、弱い立場の人を傷つける。

しかし、テロリストは自分の声を聞いてもらえる。

 

前にもどっかで書いた気がするが、僕は人生の中で、「自分がどうしたいか」を聞かれたことがほとんどない。のみならず、奇妙なことに「僕がどうしたいか」を周りの人が勝手に決めていた。

 

僕は小さいころサッカーとかバドミントンを習わされていたが、いつの間にか僕が「やりたい」と言ったことになっていた。

勉強に関してもそうだ。「やる気がないのか!そんなんじゃ東大に行けないぞ」などなど百万回くらい言われてきたが、僕は勉強がしたいとも、東大に行きたいとも言ったことがないのだ。

さいころからそんな調子だったので、今では自分がどうしたいか伝えるだけで罪悪感に苛まれてしまう。

 

自分が何をしたいか(というか、したくないか)は、本来僕が決めることのはずだ。

それに、はっきり言って僕は、自分が大多数の人間よりマシなことを言っていると思っている。僕の話に少し耳を傾けてくれれば、よくなるところだってたくさんあるのだ。

 

しかし世の中の人は、相手の言ってることが正しいかどうかなんて考えない。バンクシーだって、「自分が顔を出している間は誰も話を聞かなかった」と言っている。

人間は、相手がなんとなくエラそうとか、体がデカくて強そうとか、顔がいいとか有名だとか、そんな理由で言うことを聞くのだ。

 

テロリストは、そんな理由がなくても相手に話を聞かせることができる。しかも大の大人たちが慌てふためいて自分の要求を叶えようとしてくれる。

なんとまあ、自分の欲求を勝手に決めつけられてきた僕の人生と正反対ではないか。

ダメ、ゼッタイ幸福論

ヘロインというクスリをご存じだろうか。たぶん名前くらいは聞いたことがあるだろう。アメリカでは社会問題になるくらい出回ってしまっているドラッグである。(もちろん違法)

性質としてはモルヒネのメチャクチャ強いやつで、快感も依存度もドラッグ界トップレベル。

その効能たるや、「常態の人間が一生のうちに体感し得る全ての『快感』の合計を上回る快感を瞬時に得ることに等しいと云われる」らしい。(Wikipedia調べ)

 

 

いや、ちょっと待ってほしい。

これは、人生にとって(哲学的に、というのは大げさにしても)大きな疑問を投げかけることにならないだろうか。

 

まず「"快感の合計"なんて計算できるのか?」などの疑問が頭をよぎるが、まあそれは措いておくとしよう。

 

人は誰しも、日々幸福を求めている。今の状態が幸福なら、それが崩れるのを恐れるし、逆にいま不幸なら、なんとかその状態から抜け出そうとする。

自分から不幸でいたい奴なんていないだろう(というか「不幸でいたい」という言い方が定義矛盾に近い)。

ただ、人生は複雑なので、そう簡単にずっと幸福ではいられない。いわゆる「人生山あり谷あり」というやつだ。

 

一方で、近代科学が明らかにしつつあるのは、感情も脳内物質の分泌量の違いにすぎないということだ。

愛情だったらオキシトシン、安心感だったらセロトニン、… まああんまり詳しくないが、脳内物質が我々の幸福度を決めていると言ってもそんなに間違いではないだろう。

 

 

我々は誰しも幸福になりたい。そして1回のヘロインで、ふつうの人生1回分以上の快楽を味わえる。

もしそうだとしたら、ヘロインを注射するのが最適解、ということになってしまわないだろうか。

それで一文無しになったり、投獄されたりしても関係ない。ヘロインを打った人は、もうすでに一文無しでも囚人でもない人々よりも多くの快楽を手にしているのだ。

 

人に迷惑をかけてでも幸せを求めていいのか?という論点はよく耳にするが、ドラッグにはそれがない、というのがこの思考実験のミソである。

 

もちろんこれは単なる思考実験で、いろんな反論ができる。「快楽と幸福はイコールではない」とか、「人生の価値は幸福度だけでは測れない」とか。

というか、大多数の人は(僕もだし、これを読んでる方々もきっと)薬物を使ってないわけだから、なにがしかの反論を用意して生きてるはずだ。

その反論にこそ、その人の幸福論が出る気がする。飲み会の雑談ネタにはちょっと重すぎるかもしれませんが…

(わかると思いますが、薬物乱用を推奨する意図はありません)

毛を剃ってみた話

思わせぶりなタイトルを出して、まゆ毛のことでした~!とかいうオチを期待した方、すみません、ふつうにそっちの毛の話です。

 

僕は普段から体毛というのがそんなに好きではなく、すね毛も一時期剃ってたくらいなので、まあこうなるのは必然だったといえよう(?)

特にきっかけというほどのものはないけど、見た目的にもかなりキツい感じになっていたので、思い切って剃ってみた。剃ったことがなかったので、毛の塊がネズミぐらいのデカさになった。

ともあれ、いま剃ってみようか迷っている諸氏のために、感想をまとめていこう。

 

①清潔である

よく言われているのでいちばん思いつきやすいメリットだが、清潔なのは本当である。

場所が場所だけに汚れやすい毛なので、液体がつくことを心配しなくていいのは大きなメリットである。お風呂に入ったときも洗いやすく、乾きやすい。

また、お風呂に毛が浮いたり、部屋の床に落ちていたりしてなんとなく不快な気分になるのを避けられる点でも意義が大きい。

 

②汗をけっこうかく

頭やワキもそうだが、毛のあるところというのは汗をかきやすい。毛を剃ってみると、ここにこんな汗が…というくらい汗が出てスース―する。

 

③見た目的に何となく物足りない

毛が急になくなると、何となく物足りなさがある。特にお風呂の鏡で見たときの肌色率には違和感をぬぐえない。これで銭湯に行ったりするのはやや勇気が要る。

 

④チクチクする

どの部位でも毛を剃ったあとはチクチクするが、チクチクがデリケートなゾーンに直に当たるためより痒さがある。

この辺が気になる人は、剃るのではなく切りそろえるほうが無難であろう。

 

⑤そんなに日常に変化はない

当然ながら、普段から外に出ている部位ではないので、知り合いが急に髪を剃ってきたときのような衝撃はないし指摘もされない。

自分でもそんなに変わりはなく、歩くときに擦れ方で違いを感じるくらいである。

 

ちなみに気になる再生速度であるが、ヒゲくらいのペースで生えてきている様子である。

女性の読者のために説明すると(いるのか?)、個人差はあるがヒゲは基本的に毎日剃らないとはっきりわかるくらい生えるペースが速い。

 

なお僕の今後の計画としては、剃ると痒いことがわかったので、少し切りそろえるくらいに留める予定である。

読者諸氏の参考になれば幸いである。