ボカロ考察/雨とペトラ

歌詞の考察というのはけっこう難しく、音だけで決まっていて意味は特にない歌詞なんかもある。それに、具体的に深読みしようとするほど、外れる確率は高くなる。歌詞は抽象的だからこそいい部分もある。気を付けたい。

前置きはこれくらいで、本題に入ろう。

 

www.youtube.com

 

記念すべき「あ」はこれ。僕は『雨とカプチーノ』『八月のレイニー』みたいな、雨の歌が好きみたいである。

曲は割と王道のJ-POPって感じ。はやりの椎名林檎進行が出てくる(バルーンさんはこの進行の曲めちゃある)。スピード感のある椎名林檎進行はやや珍しいかもしれない。

 

誰かが言った いつか空は灰になって落ちるって
妄想の世の中で 日々を喰らっている

 

「空が灰になって落ちる」とは、おそらく「世界の終わり」を意味しているのだろう。欧米ではよく使われる言い回しらしい。ヨハネ黙示録6:13「天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。」あたりが関係しているようだ。

「妄想の世の中で日々を喰らっている」とはなんだろう。自分や周りの人々が、見たいようにしか世界を見ない、自分の見方に閉じこもっている、という感じだろうか。SNS時代っぽい。

 

境界線を引いてしまうのも 共感覚のせいにして
街の灯の海で 居場所を探している

 

共感覚…文字を見たときに色が一緒に見えたりするあれ。共感覚もちではないのでよくわからないが、ものの見方が人と違うから人とわかりあえず、街の中に居場所がない、みたいな感じか。

 

何処へ行くにも この足は退屈に染まって動かない
少しだけ先の景色が見たいだけなのにな

 

少しだけ先の景色が見たいと思ってはいるのに、足が退屈に染まって動かない?退屈な日常が忙しくて踏み出せないのだろうか、それとも「少しだけ先」におもしろいものがあるとはもう信じられないのだろうか。

 

雨が降ったら きっと 頬を濡らしてしまう

枯れてしまった 色ですら 愛しくなるのに

目を瞑ったら もっと 遠く霞んでしまう

 

雨が降ったら、どうして頬を濡らしてしまう=泣いてしまうのだろうか。おそらく、雨で涙が隠せるからだろう。というと、普段は人に見られたくなくて涙をこらえているのだろうか。

「(枯れてしまった)色」とはなんだろう。上の解釈と合わせると、「退屈」を打ち破ってくれる何かだろうか。だとすれば、泣いて目をつぶっていては、その何かがより遠のいてしまうという感じ?

 

煩くなった雨の音 笑い飛ばしてくれ!

 

煩くなった雨の音「を」なのか、煩くなった雨の音「よ」なのか迷うところだが、曲の感じだと、後者のほうが近そうだ。雨が憂鬱を洗い流してくれることを期待しているのだろう。

 

 

2番も書いてはみたいが、長くなってきたのでこのへんでやめる。

まとめると、主人公は他人とわかりあえなくて孤独で退屈な日々を抜け出したいと思っている。そして、何かがこの日々を打ち破ってくれると期待してしまうけど、ホントはそれじゃ何も解決しないんだなあ、みたいな歌だと思われる。2番サビ後のCメロの

独りぼっちで また 明日に期待をして

あたりも根拠になるかもしれない。

なお一人称は1回も出てこない。これが独特のぼやっとした雰囲気を醸し出しているかもしれない。

 

前にもブログで書いた気がするけど、一見満たされていても退屈な日常を暮らしている人ほど、世界の終わりみたいなものを心のどっかでは望んでしまうのかもしれないね。