子どもがほしくない理由10項目

年齢的に、結婚とか出産みたいな話もちらほら聞こえてくる今日この頃である。僕は結婚に関してはニュートラルだが、子どもは明確に要らないな、と最近では意見が固まりつつある。いろんな理由が関わっている気がしたので挙げてみたい。

 

個人的な理由

①単純に子どもが好きじゃない

なんだかんだ、これがいちばん大きい気がする。子どもはうるさいし汚い。静かで清潔な子どもならいいかといえば、それも「我慢できる」レベルの話である。

②自由をなくしたくない

子どもができれば、気分で移住したり仕事をやめたりできなくなるだろう。何かとイヤになることが多い性格なので、そのへんは残しておきたい。失うものがデカすぎる人生というのはキツい。金銭的にもそう余裕があるわけではなく、DINKs でもそこそこくらいであろう。

③自分に似てほしくない

自分はいろんな点で親に似てるし、自分と親の関係も、親とその親との関係と似ている。そういう「負の連鎖」を断ち切りたい。自分をロールモデルにしてほしい、尊敬してほしい、なんてことは一切思わない。それに、僕は生きていくのを大変と感じていて、その形質を受け継ぐ子どもも、また生きていくのは大変であろう。

④痕跡を残したくない

僕が死んだら地上から跡形もなく消え去りたい。自分の染色体の半分を受け継ぐ生命体が残るのは勘弁してほしいところである。

 

子どもに関する部分

⑤「親」をちゃんとやれる自信がない

親の責任はデカい。僕は世の中で切った張ったを演じられる強さがなく、家族を守れる気がしない。気持ち面でも、子どもに愛情を注げる自信があまりないし、世話とかもちゃんとできそうにない。障害のある子どもとかなら尚更である。あと、僕のイズム的に世の中と衝突する部分が多いので(たとえば、子どもを学校に通わせたくないとか)、それも子どもにいい影響があるとは思わない。

⑥子供が苦しむのを見たくない

「子どもに愛情を注げる自信があまりない」と書いたが、愛情を注いだら注いだで大変そうである。子どもが苦しむのを見るのに耐えられない気がする。

⑦子どもにとって迷惑

そもそも生きていくのは大変だし、僕はぶっちゃけ人間がこの世に生まれてくることをそんなにいいことと思ってない。これからの時代ならなおさらである。生んだことを子どもに恨まれるのも避けたい。

 

家族に関する部分

⑧仲良し家族でありたい

子どもを作って子どもに怒ってばかりとか、夫婦でケンカばかりとか見ると、なんで子どもを作ったんだろう、バカだな~と思ってしまう。ずっとラブラブカップルでいられるなら、それがベストな気がする。

⑨奥さんに負担をかけたくない

子どもを作るとしたら奥さんにはいろんな負担をかけざるをえない。変な話「借りを作ってしまう」という感覚もある。避けたい。

⑩「父親」という役割を演じたくない

世の中では、父親になると「父親なんてさ…」的な態度をとるのがひとつのステータスのようだが、そういうことはしたくない。要するに、世間の「父親らしさ」みたいなものに自分を合わせたくない。し、結婚するなら奥さんとは男女よりもズッ友みたいなノリでいたい。

 

こんな感じである。というか僕は逆に「子どもがほしい」という理由のほうがいまいちよくわかっていないので、機会があればお聞かせいただけたらと思う。